2009年05月18日

飛べないヘリはただの(以下略)

kasumigaura09_049title.jpg

 忙しさが続く仕事の合い間のささやかな休みとなった昨日日曜日に気晴らし
がてら陸上自衛隊の霞ヶ浦駐屯地までヘリ等を見に行きました。

ナショナル ジオグラフィック
日経ナショナルジオグラフィック社
powerd by Amazon360

kasumigaura09_003s.jpg
式典の様子

 朝から雨だったのでとりあえず出る前に電話で飛行展示が中止になって
ないかどうかを確認してから出発。昨年も行ってて様子はある程度判って
いるので今回はゆっくりと10時半頃にJR荒川沖駅に到着しました。
kasumigaura09_007s.jpg
90式戦車の運転席ハッチ開放中

 基地に入った頃は小雨になってましたが、流石にこの天候のせいか人出は
少なめ。じっくり見て回るには都合がよさそうです。
 しかし飛行展示がある滑走路の開門時間直後に衝撃のアナウンス。
「飛行展示は中止となりました」・・・・ガーン!
 雨は小降りにはなったものの、風が強くなってしまったせいかと思われ
ますが、楽しみにしていたAH-64Dアパッチの飛行展示が無くなってイキナリ
テンション下がってしまいました。

kasumigaura09_035s.jpg

 まあこんな事もあるさと気を取り直して地上展示のアパッチを見に。
やはり曇天下ではちょっと暗めなのでフラッシュを持ってきておいて正解
でした。特に機体下部の装備の撮影に威力を発揮。

kasumigaura09_139s.jpg kasumigaura09_131s.jpg kasumigaura09_132s.jpg
機首にあるアパッチの「目」ともいうべきアローヘッドシステムは
格納状態で本来の形状は判りませんが、印字から電源電圧が115Vで
あることが判ります。家庭用のコンセントに繋いでも動くかな?


kasumigaura09_146s.jpg
 kasumigaura09_151s.jpg kasumigaura09_152s.jpg
エンジンの排気口周りとか各部のメッシュ形状の違いとか。


kasumigaura09_056s.jpg kasumigaura09_147s.jpg
テイルローターの羽の付け根あたりの独特な積層構造は今回初めて
知った。


kasumigaura09_067s.jpg kasumigaura09_059s.jpg kasumigaura09_150s.jpg
ゴテゴテな前部に比べると意外なほどシンプルであっさり感のある
後ろ側。というか後ろに向かって電柱が延びてるみたい。


kasumigaura09_068s.jpg kasumigaura09_078s.jpg kasumigaura09_083s.jpg
ココは陸自の装備(パトリオットは空自)が一通り揃って見られる
のがポイント高いと思います。しかしこうして見ると住宅街が
かなり近くにあるのがわかりますね。


 外を一通り回ったあとは格納庫の中へ。何だか色んな機体がみっちり
入ってます。

kasumigaura09_092s.jpg
OH-6D観測へりの群れ。タマゴ!


kasumigaura09_105s.jpg
要人輸送用のAH332-L。よくニュースでも見かけた機体ですね。
後継機の導入が進んでいるとの事ですが、3機ともブレードを
外しているところを見ると、退役の日も近いのでしょうか?



kasumigaura09_106s.jpg
コブラ〜!


kasumigaura09_111s.jpg
奥の方にはOH-1ニンジャの姿も


kasumigaura09_115s.jpg
連絡偵察機LR-1。すでに退役した機体でしょうか?


 飛行展示がなかったおかげで見学は3時間もかからずに終了。天気も回復
しそうにないので14時前に早々に引き揚げてしまいました。ちょっと悔いが
残る見学でしたので、来年以降にまた行くことになりそうです。アパッチの
飛行はあと1回くらいは写真に収めたいので。
posted by キノシタ提督 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29214443
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック