2010年06月20日

浦安郷土博物館

100619_114title.jpg

 知人情報から千葉県は浦安にある浦安郷土博物館に行ってきました。
 浦安というと今はどうしてもディズニーランドのイメージが強いですが、
かつては漁村であり、今もあちこちにその名残が沢山残ってました。
 
 地下鉄東西線の駅を降り、そのまま目的地に向かって歩き出すと暫くは
賑やかなところが続きますが、程なく静かな住宅地になってきます。

100619_003s.jpg 100619_005s.jpg

 途中にあった豊受神社には見事ないちょうの木が。普通いちょうはこんな
枝の張り方しないので、最初遠目にはいちょうと判りませんでした。

100619_009s.jpg 100619_011s.jpg

 豊受神社近くから博物館方向にある路地へ。どうも道草ポイントが多くて
イケマセン(笑)。この辺も昔の漁村の名残ですね。途中にひょっこり出てくる
左右天命弁財天とかもいい感じです。

100619_013s.jpg 100619_040s.jpg 100619_065s.jpg

 その後も道草を食いつつようやく浦安郷土博物館に到着。近代的な建物の
横に地元の漁師村だった頃の建物を移築して再現した当時の街並みがあります。
みな古いながらも手入れが行き届いてます。人出もそんなになくて近所の人が
遊びに来てるようなの感じが昔ながらの下町の雰囲気っぽくて良いです。

100619_025s.jpg 100619_048s.jpg

 以前行った日本民家園などに比べると規模は小さいですが、漁村に特化してる
など見所は結構あります。そしてなんと言っても全ての建物が原則出入り自由。
畳部屋に座ってると通り抜ける風が心地よくて、暑かったこの日も結構涼しい。
今の家屋にもこういった所は生かせないものかと。

100619_113s.jpg
館内には短いながらも水路があって舟を漕いだりも。


 博物館を後にし、一旦浦安駅に戻ってから今度は近くのフラワー通りへ。
今回特に目的でもなかったのですが、古い商家もあるという事でついでに
行ってみました。
 フラワー通り商店街と呼ばれているその通りには、そもそも開いている店が
数えるほど。最初間違えたのかとも思いましたが、通りの脇にあった町内地図を
見て納得。そこにはかつて店があった所の多くに×印が書かれており、多くの
店が閉店した事を物語っていました。さながら映画「猿の惑星」のラストシーン
といったところ。

100619_129s.jpg 100619_131s.jpg
フラワー通り沿いにある商家だった旧宇田川邸


100619_149s.jpg
これは2階にある下への覗き穴。普段は小槌みたいなものを
置いて隠しています。商家らしい昔のセキュリティ装置です。


100619_172s.jpg

 フラワー通り入り口の向かいにある清瀧神社。いちょうやケヤキの大木が
沢山。この界隈は保存樹木になってる同様な大木が多いですね。

100619_174s.jpg
境川。河岸があまり高くなく水面が近い。


 4時間ほど歩き回って今回は終了。予想外に古い街並みが残っててまだ見所を
残してそうな感じですね。機会があればまた訪れてみたいものです。家からも
然程遠くないので、今度は自転車で来てみてもいいかもしれません。
posted by キノシタ提督 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロケハン/旅行・登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39062704
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック